ブログ

2019年1月30日 水曜日

右肩が下がっている

こんにちは。院長の小嶋です。

右肩が下がっていて気になっている方の治療例です。

上大市 50代 男性

右肩こりがひどく、鏡で見ても右肩が下がっている。

骨格矯正を行ったが、右肩の下がりだけは昔から長年継続しているため残存。

今回は全体だけでなくその局所だけで治療。

骨の位置異常は全てではないが、筋肉による作用が大きい。

いわゆるバランスである。

日常で誰しもが良く使う手から筋肉が硬くなっている。

そこを軽くマッサージし緩めてみる。あまり変化なし。

本来であれば右肩の位置はもう少し上にあり、なおかつ後ろに位置する。

こういったケースは要はバランスを失っている。上に後ろに引っ張っておく筋肉が低下しているのだ。

前鋸筋が左と比較し右側が力が入らなくなっている。

身体が筋肉の使い方を忘れてしまっているので、10回正しい方向にトレーニング。

神経筋再教育といわれるものだ。

鏡で確認してもらったところ本人も高さが揃ったとのこと。

自宅にてトレーニング指導で終了。

使わなくなってしまっている筋肉を使うと身体はよみがえったりするんですよ。
 



投稿者 神門鍼灸整骨院

神門鍼灸整骨院 甲東園の口コミ・感想をもっと見る

大きな地図で見る〒662-0812
西宮市甲東園3丁目2番35号
[ホームページを見たとお伝えください]0120-29-8678診療時間9:00~12:00
15:00~20:00
※日曜・祝日は9:00~12:00
※木曜、第2・第4の日曜は休診

お問い合わせ 詳しくはこちら