吸い玉療法

吸い玉のイメージ

吸玉療法は、皮膚を吸い上げることで血管が一時的に縮小し、放すことで血管が拡張し血流が良くなります。

血流が良くなれば、腰痛、肩こりなどの痛みが緩和し、体内の新陳代謝も促進され、自然治療力が働きます。
吸玉の吸引刺激は、押すよりも引く「陰圧」の方が強く、術後も心地よいものです。吸玉の術後で体がだるくなったりする場合は、血の流れが促進され効果がでている状態といえます。

他の治療法が体表から体内に向かって刺激を加えていきますが、唯一、吸い玉療法のみが 体表から外に向かって皮膚・脂肪・筋肉を吸い上げます。

腰痛、肩こりでお悩みの方は、西宮の神門鍼灸整骨院・甲東園院までご相談ください。

吸い玉の効果

注意点

患者様の声

身体の冷え、むくみでいつもお世話になっております。
先生に勧められ、吸い玉をやってもらいました。最初は少し痛かったですが、段々痛くなくなり終わった後はすごく体が軽くなっておりました。
跡は終わった後、何日間か残りましたが、長い期間残れば残るほど身体の悪い証拠だそうです。
これからも定期的にやってもらう予定です。
宜しくお願い致します。